出産事情

危険なことも!妊娠中のアロマ使用

妊娠中は疲れたりイライラしてしまうこともあり、リラックスのためにアロマテラピーをしたいと考える人も多いでしょう。
妊娠中にも行って大丈夫ですが、気を付けなければいけないこともあります。

妊娠中にアロマテラピーを行っても大丈夫かどうかというのは、専門家でも意見が分かれています。
ですが全てがダメというわけではなく、種類によっては気を付けた方が良いというだけなので、アロマオイルを選ぶようにしましょう。
使わない方が良いとされているのはジャスミン、レモングラス、シナモンなどです。
妊娠初期だけ避けた方が良い種類や、出産まで使わないようにした方が良い物もあるので、すでに持っているオイルが使えるかどうかはお医者さんに相談するといいかもしれません。

妊娠中にオススメなのはベルガモットやグレープフルーツ、レモンなどの柑橘系のアロマオイルです。
つわり中で気分が悪い時でもスッキリできます。
妊婦さん向けにブレンドされたアロマオイルもあるので、相談できるお店で購入するのがいいでしょう。

直接身体に付くお風呂に入れる、マッサージに使うという使用法は避けた方が良いでしょう。
刺激が強いので妊娠に影響を及ぼすこともある他、体質が変わりかぶれたりすることもあります。
ディフューザーなどで香りを楽しむ分には、どんなアロマオイルでもたいして影響は出ません。
妊娠中でも気軽にアロマを楽しみましょう。